旅行と観光と時々バイク乗り 〜のんびり日記〜

旅行が好きな武蔵小杉在住社会人の備忘録集です。海外旅行、国内旅行、ちょっとしたお出かけ、食事など、大きなおでかけから小さなおでかけまで書いております。

江ノ島の秋の風物詩「湘南キャンドル」は幻想的で魅力的なイベントだった!

湘南キャンドル

江ノ島で毎年10月下旬から11月上旬という短い期間で開催される約7,000基のキャンドルが彩る魅力的なイベント、それが湘南キャンドルです。

f:id:highmountain-dqsec:20171114211918j:plain

2017年は、10月23日(月)〜 11月5日(日)で開催されました。私は11月4日(土)に行きました。

会場には、溢れんばかりの人、人、人。

大変混雑していましたが、とっても満喫できましたよ!


チケットの購入

江の島エスカー1区券売所(エスカー乗るところ)で、「展望灯台セット券(750円)」を買うのがオススメです。

展望灯台セット券では、江の島エスカー(エスカレーター)、江の島サムエル・コッキング苑(湘南キャンドル会場)、江の島シーキャンドル(展望灯台)のチケットがセットになっています。

エスカー券売所ではあまり並びませんし、安く買えるのが利点です。


サムエル・コッキング苑の前で、券購入の長蛇の列に並ぶ人たちがいますが、時間がもったいないのでやめましょう。

Webページにも書かれているのでチェックしておきましょう。

お得情報 | 江の島シーキャンドル


江の島シーキャンドル(展望灯台

展望灯台から、江ノ島を見ることができます。キャンドルもぼんやりと光が見えます。

キャンドル時期の土日の夜ですと、展望台に行くまで50分ほどかかりました。

風強くて寒かったので夜の防寒対策はしっかりと! f:id:highmountain-dqsec:20171114211905j:plain

ちなみに、展望デッキ(屋上展望)があるのですが、風が強いと登れません。この日はあいにく登れませんでした。


キャンドルナイト(湘南キャンドル)

さて、いよいよお待ちかねのキャンドルナイトです!

撮影ポイントは何箇所もありました。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211910j:plain

真っ赤なのも魅力的。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211924j:plain

ず〜っと遠くまで様々な色のキャンドルが並びます。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211931j:plain

入り口入ってすぐです。一眼を構えた人が何人もいました。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211936j:plain


大満足のキャンドルナイトでした。そして、良いカメラが欲しいと思うようになりました…みんなにもっとこの良さを伝えたいんだもの(笑)

またいつか行きたいと思います!次はもっとちゃんと防寒対策します!(寒くて長居できずに退散しました……)


とびっちょでディナー

江ノ島の食事と言えばとびっちょの「しらす丼」が有名ですね。

キャンドルナイトを満喫した後に、江ノ島から帰る前に寄りました。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211942j:plain

とびっちょは大変有名で行列が出来る事から、夜になると生しらすが売り切れることがあります。

私は18時頃に整理券を手に入れ、19時過ぎに入店しましたが、残念ながら売り切れでした。


悲しかったのですが、代わりに釜揚げしらすネギトロ丼(1,300円)を頼みました。こちらも美味しかったです。 f:id:highmountain-dqsec:20171114211951j:plain

他のメニューはこちら↓

とびっちょ 本店 | しらす問屋 とびっちょ 新鮮な海の幸とワンランク上の美味しいしらすを使ったお料理が楽しめるしらす料理専門店


とびっちょは江ノ島に二店舗ありますが、待ち時間はどちらも似たようなものでした。両方確認して空いている方の整理券を取るのが良いと思います。


最後に

東京周辺に住んでいる方であれば、江ノ島観光はしたことがあるとは思いますが、こういうイベント時期に行くのも良いと思います。

ぜひ、気軽な日帰り旅に江ノ島をご検討くださいな(・ω・)!

また、2018年以降の湘南キャンドルに行くことを、ぜひご検討ください!


にほんブログ村 旅行ブログへ