旅行と観光と時々バイク乗り 〜のんびり日記〜

旅行が好きな武蔵小杉在住社会人の備忘録集です。海外旅行、国内旅行、ちょっとしたお出かけ、食事など、大きなおでかけから小さなおでかけまで書いております。

PCX150のフロントフェンダーの交換方法を解説!車載工具一つで単純作業のみ!

フロントフェンダーとは?

自転車でいうところの前輪の泥除けです。

f:id:highmountain-dqsec:20171204190920j:plain

PCX150(KF18)の場合、取り付け方法が10mmの六角ボルトで付いているだけなので、カスタムパーツがぼちぼち売られています。

私は以下の商品を4,020円(別途送料1,480円)で購入しました。



フロントフェンダーが届きました。 f:id:highmountain-dqsec:20171204190913j:plain

純正と比べてみると結構見た目が変わりそうなことがわかります。 f:id:highmountain-dqsec:20171204190932j:plain

裏面はこんな感じです。左側が18,000km使われたフロントフェンダーで、めっちゃ汚れていることがわかります。 f:id:highmountain-dqsec:20171204190926j:plain


フロントフェンダー交換方法

交換方法を説明します。

  • 1. 車載工具のレンチを用意する。(10mmの六角ボルトを回すため)

  • 2. 手を汚さないように軍手などを用意する。(私はその辺で買える安いポリ手袋を使いました)

  • 3. フロントフェンダーの左右に2つずつ付いている六角ボルトをレンチで外す。

  • 4. 新品に交換する。

非常に簡単な手順ですね。早速図を使いながら説明していきます。1と2は説明不要なので飛ばします。


3. 六角ボルトをレンチで外す

「六角ボルトをレンチで外す」とだけ聞くと簡単に聞こえますが、実は少し厄介です。

純正品も、今回買ったカスタムパーツも、ボルトを回すためのレンチを入れる空間が殆どありません。

というか、奥側にある2つのボルトを外す時には、物理的にレンチとフロントフェンダーが干渉します。

しかし、どうしようもないので、気合いで回します。そう簡単にはバイクパーツは壊れないので大丈夫です。 f:id:highmountain-dqsec:20171204190938j:plain

f:id:highmountain-dqsec:20171204190944j:plain


また、タイヤとフロントフェンダーの間が狭いので、それもレンチを回しづらくする問題の一つです。

右側奥側のボルトはフロントブレーキケーブルがないので比較的まだ簡単です。 f:id:highmountain-dqsec:20171204191007j:plain

しかし、左側奥側のボルトはフロントブレーキケーブルがあるのでかなり大変です。レンチをなんとかはめて、あとは気合いで回します。 f:id:highmountain-dqsec:20171204191001j:plain

拡大するとレンチはこんな感じではめます。 f:id:highmountain-dqsec:20171204190952j:plain

かなりシンプルに書きましたが、取り外しだけで30分はかかりました…。

ちなみに手前側は簡単に取り外し、取り付けできます。 f:id:highmountain-dqsec:20171204191013j:plain


4. 新品に交換する

元々付いていたフロントフェンダーを外す時は左右に揺らせば外せます。

私が苦戦したのが、取り付ける時です。

どうやっても、まっすぐはまってくれないのです。

ボルトが刺さる位置にフロントフェンダーの穴を合わせようとしても、左側か右側のどちらかしかその穴にあってくれず、困っていました。


15分ぐらいかけても上手くいかないので、イライラして無理やり押し込むことにしました。そしたらしっかりとはまってくれました。

交換の一連作業、ひたすらに力を入れて無理やり進める行為が多かったです…。


フロントフェンダー取り付け完了!

かっこよくなりました!やったね!皆さんもちょっとしたカスタムにいかがでしょうか? f:id:highmountain-dqsec:20171204191018j:plain


にほんブログ村 旅行ブログへ