旅行と観光と時々バイク乗り 〜のんびり日記〜

旅行が好きな武蔵小杉在住社会人の備忘録集です。海外旅行、国内旅行、ちょっとしたお出かけ、食事など、大きなおでかけから小さなおでかけまで書いております。

地球の歩き方でもおすすめされている「ラールバーク植物園」に行ってきた【インド バンガロール一人旅 No.1】

バンガロールベンガルール)ってどこ?

バンガロールは、インドのシリコンバレーとも呼ばれるIT産業が活発なインド第三の都市です。

南インドに位置し、標高は920mで、インドの中では気候的に過ごしやすい場所です。


ラールバーク植物園(Lalbagh botanical garden)

バンガロールは観光地情報がそこまで多くない(あってもあまり興味がないところも多かったり・・・)のですが、ラールバーク植物園は地球の歩き方でも大きく宣伝されており、かつインドの同僚にもおすすめされたので来てみました。

グリーンライン(メトロ)の駅もすぐ近くにあるのでアクセスもしやすいです。


入園 Rs20

まずはチケットを購入します。一人Rs20(35円ぐらい、1Rs=1.7円)なのでめっちゃ安いです。(2018年3月現在)

Camera Rs50と書いてありますが特に気にしなくて良いかと笑 f:id:highmountain-dqsec:20180305212800j:plain

f:id:highmountain-dqsec:20180305212923j:plain

ラールバーク植物園はとても広く、緑に溢れています。街の喧騒が嘘のようです(笑) f:id:highmountain-dqsec:20180305212927j:plain

バンガロールの街ではカラスを見かけないのですが、ラールバーク植物園では多数のカラスを目撃することができました。 f:id:highmountain-dqsec:20180305212932j:plain


植物園の東側

東側へ行くと、何か建造物がありました。 f:id:highmountain-dqsec:20180305212936j:plain

丘になっているので登ると、少し遠くまで見渡せて綺麗でした。

バンガロールの建物は低いものが多く、少し高いところに出るだけで遠くまで見渡せます。 f:id:highmountain-dqsec:20180305212941j:plain

なんか大きい建造物がいくつかありました。 f:id:highmountain-dqsec:20180305212946j:plain


植物園の南側

南側へ行くと、お花が綺麗な木を多く見かけました。日本では見ないような木がみれるとウキウキしますね(^ω^) f:id:highmountain-dqsec:20180305212952j:plain

f:id:highmountain-dqsec:20180305212959j:plain

f:id:highmountain-dqsec:20180305213008j:plain

f:id:highmountain-dqsec:20180305213029j:plain

この木は横たわりながらも元気に葉を生やしていました。リスが沢山ここで遊んでいるのも印象に残っています。 f:id:highmountain-dqsec:20180305213003j:plain

そして、湖がありました。所定の時間になると滝が動き出すようで、ちょうど滝を見ることができました。湖はかなり広かったですね。 f:id:highmountain-dqsec:20180305213017j:plain


その他役立ちそうな情報

植物園の至る所でゴミ箱がありました。

座る場所や広場もあるので、何か食べ物を持ち込んでピクニックとかしても良いかもしれませんね! f:id:highmountain-dqsec:20180305213024j:plain

ちなみにトイレは有料(Rs5)です。確か公園に二箇所あります。


バンガロールはどこもかしこも混んでいるので、こういう落ち着いた空間でゆっくりするのも良いですね!


にほんブログ村 旅行ブログへ